オペ室勤務のメリット

スキルや知識が身につきます

気の緩みが許されない現場

オペで活躍ができるようになれば、一人前の看護師として扱われるようになるといわれています。人の命を身近に感じる瞬間の一つであり、オペには多くの緊張感や成功に終わったときの安堵感などが感じられるのです。そのようなことから、医師をはじめとする医療従事者にとっても、重要な事項としての位置づけになっています。麻酔などにより、意識のない人の身体を切開するなどの行為には、かなりの知識や経験が必要です。そして、それに立ち会うこと自体が大変なことといえるでしょう。おびただしい血液などを間近に見ることもあることから、不慣れな人にとっては大きなストレスになるといわれています。数えきれないほどの経験を積んだ医師であっても、毎回のように緊張感を持った対応に追われる現場となるようです。オペが始まってから終わるまでの間は、一瞬たりとも気を緩めることができないとして、メンタル面と体力面との双方が求められます。むろん、医師が一人ですべてを行うわけではなく、医師をサポートするのが看護師です。患者の命を守るという同じ目的を持って挑むことにより、成功の確率があがるといえるでしょう。そして、医師や看護師は全てのことに全力をあげることにより、命を守りぬこうとしているのです。今般では、高齢化社会の進行に伴い簡単にはいかない治療が多くなってきています。命を扱う現場には、一瞬の気のゆるみも許されないという覚悟が必要といえるでしょう。しかしその分、看護師としてスキルアップができる現場でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です